用語集

自宅で介護を受ける場合

訪問介護 ・・・・・・・・
(ホームヘルプ)
掃除、洗濯、調理などの生活援助と入浴・排泄、食事、衣類の着脱、起床就寝などの身体介護を受けることができます。小規模多機能型の場合、必要な時に必要なだけサービスが受けることができ、緊急時にも柔軟に対応しています。 似ているようで違う小規模多機能型居宅介護をご参照ください。
夜間対応型訪問介護 ・・・
定期的に夜間巡回してくれたり、連絡を受けて訪問の可否を判断するオペレーションサービスと随時訪問サービスもあります。
訪問看護 ・・・・・・・・・
医師の判断により、看護師や各療法士が訪問し、入浴の介助や床ずれの処置、導尿、点滴管理、人工肛門管理、医療機器導入の看護や検査補助もあります。
訪問入浴介護 ・・・・・・・・
寝たきりになった時に移動入浴車で入浴する方法と簡易浴槽を自宅に搬入して入浴する方法があります。基本的には看護師1名、介護職員2名で行われます。
訪問リハビリ ・・・・・・・・
医師の判断で各療法士が訪問し、理学療法、言語療法、手芸や工作などの作業を通じて機能回復を図る作業療法などを受けることができます。

自宅から通って介護を受ける場合

通所介護・・・・・・・・
(デイサービス)
利用者がサービスセンターに通い、入浴や食事の介護、陶芸や生け花などによる心身機能の維持回復が図れ、特養などの併設と単独施設があります。小規模多機能型の場合はスケジュールが決まっておらず、必要なことを、必要な時間に利用できます。 似ているようで違う小規模多機能型居宅介護をご参照ください。
認知症対応型通所介護・・・
特養、病院、診療所などに併設された施設に通う場合と、グループホームの居間や食堂で提供される共同型があります。
通所リハビリテーション・・・・
(デイケア)
医師の判断のもとに、各療法士や看護師が担当し、心身の機能維持回復を図る通所サービスで医療法人との併設が大半を占めています。

生活の場所を施設に移して介護を受ける場合

短期入所介護・・・・・・・・
(ショートステイ)
生活介護と療養介護がありますが、どちらも介護する家族の都合が悪くなった時などに利用することができます。いずれも滞在費と食費は別料金になります。小規模多機能型の場合突然の泊まりも柔軟に対応します。 似ているようで違う小規模多機能型居宅介護をご参照ください。

自宅中心で、時々施設に泊まる介護もあります

介護老人福祉施設・・・
(特別養護老人ホーム=特養)
寝たきりや認知症など自立した生活が困難な人の為のもので、生活介護、機能訓練、健康管理などのサービスが受けられます。滞在費と食費は別途必要になります。
介護老人保健施設・・・・・・・
(老人保健施設=老健)
【病院】
医療法人が中心になって設立されているもので、リハビリの必要性が高い介護者対象で特養と病院の中間的存在です。

介護療養型医療施設・・・・・
(療養型病床群)
【病院】
病院や診療所に併設されているもので急性期治療後の要介護者が長期で療養するためのものですが、2012年3月で廃止されました。

有料老人ホーム・・・・・・・
元気な高齢者や要介護者が、日常生活のサービスを受けながら自立的生活を送る施設で、介護付き有料老人ホームや、外部からの訪問介護を受ける住宅型有料老人ホームもあります。これらは介護保険の適用を受けることができますが、健康型有料老人ホームは介護が必要になったら退去しなければなりません。居住の権利も賃貸・分譲・終身利用などがあります。
軽費老人ホーム・・・
(A型、B型、ケアハウス)
無料又は低額で介護や日常生活に必要なサービスが受けられ、家族との同居が困難な人、住宅事情により家族と同居できない人、自炊できない程度の機能低下した人が利用できます。

自宅中心で、時々施設に泊まる介護もあります

認知症対応型共同生活介護・・・
(グループホーム)
認知症の高齢者が、少人数の家庭的な雰囲気の中で、介護を受けながら生活する施設です。
サービス付き高齢者向け住宅・・
(サ高住)
高齢者が安心して住めるように整えられたバリアフリーの高齢者専用住宅のことです。有料老人ホームなどよりも、一般的な賃貸住宅に近い自立的な生活をおくることができる住宅です。
サービス付き高齢者向け住宅には「安否確認」と「生活相談」のサービスが必ず提供されるので、いざというときには適切な対応が受けられ、安心して生活をすることができます。医療や食事、身の回りのことや資産管理から相続についてのご相談もできます。
小規模多機能型居宅介護・・・
「通い」、「泊まり」、「訪問」を組み合わせて利用できる施設で、自宅近くの住み慣れた地域で生活できるのと、いつも同じ顔なじみのスタッフが対応してくれるため安心して利用できるなどのメリットがあります。

参考:似ているようで違う小規模多機能型居宅介護の用語と意味

一般的な介護で使われている用語と、小規模多機能型居宅介護で使われている用語は似ていますが意味が違います。

小規模多機能型居宅介護の場合

「通い」

  • ・一人ひとりに合わせて時間も曜日も
    オーダーメイド。
  • ・必要な事を必要な時に利用できる。
  • ・緊急時も臨機応変に対応。

「訪問」

  • ・一人ひとりに合わせて時間も曜日も
    オーダーメイド。
  • ・必要な事を必要な時に利用できる。
  • ・緊急時も臨機応変に対応。

「泊まり」

  • ・本当に必要な時に利用できる。
  • ・通い慣れた場所で宿泊可能。
  • ・顔なじみの職員や利用者と共に泊まれる。
  • ・突然の泊まりに対応。

一般的な介護の場合

「デイサービス」

  • ・施設の利用時間に合わせて。
  • ・あらかじめ決まっているプログラムに合わせて。
  • ・みんなと同じ一日の過ごし方。
  • ・流れがひとつのパッケージになっている。

「ホームヘルプ」

  • ・30分未満や1時間など、サービスの枠に合わせた利用時間。
  • ・規定のサービス枠に合わせた支援内容。
  • ・ケアマネージャーの決めた通り。

「ショートステイ」

  • ・事前に利用したい日を予約して利用。
  • ・利用したい日が空いていないと他の施設を予約し、日程変更が必要。
  • ・本人や介護者の状況の変化に対応しにくい。